中学受験して合格を勝ち取るのは大変な努力が必要です

今まで主に都会にのみあった私立中学が地方にもたくさん開設されています。
大学・高校だけだった学校が中学を併設したり、中には小学校も併設して大学までの一貫校を目指す動きが加速しています。

これは少子高齢化で子供の数が減り始めて、定員を割る私立大学や高校が増え、その対策として小学校、中学校を併設して早くから生徒を・学生を確保したいという動きでしょう。

そして多くの私立中学校や私立小学校が中学受験対策に力を入れ、偏差値の少しでも高い生徒や学生を確保することを目標にしています。特に私立中学校では中高一貫教育をして優秀な生徒は特別学級へ入れて自分の系列の大学ではなく、有名国立大学や有名私立大学への入学者を多く出して、偏差値ランキングを少しでも上げてその実績を広告し、優秀な生徒の入学者数を増やそうとしています。

しかしそれに応じられるのは早い段階から塾や家庭教師を使用し、勉強を続けてきた子供だけです。多くの子供は公立へ行かざるをえません。
中学受験をしようと考えているのであれば、普通の勉強方法ではなかなか難しいのが現実です。

みんなと遊びたい時間を我慢して勉強し、睡眠時間を削って勉強する。中学受験をする子供はみなそうして我慢と努力の積み重ねを行っています。
有名私立の中学受験で合格を勝ち得た生徒さんは、大変な努力の結果選ばれるのです。キレイモキャンペーン

新着情報

2017年01月19日
  ホームページを更新しました。